【鹿児島アリーナ】「敬天愛人(けいてんあいじん)」~ 親が子供に見せたい格闘道 ~

イベント

「敬天愛人(けいてんあいじん)」の日程・アクセスなど詳細情報

日時2018 年 11 月 11 日(日)
開場:9:00
一部:10:00 ~ 12:00、二部:13:00 ~ 16:00
チケットS 席:10,000 円、A 席:5,000 円、B 席:3,000 円(2F)
高校生以下:無料
当日、各 500 円増
場所鹿児島アリーナ
問い合わせ先TEL:099-295-6856(敬天愛人実行委員会)
ホームページ敬天愛人|鹿児島での格闘道イベント
アクセスバス:鹿児島アリーナ前、すぐ
その他駐車料金:1 日 300 円
地図

「敬天愛人」とは?

「敬天愛人」、天を敬い人を愛するという意味で、鹿児島の偉人・西郷隆盛が大事にしていた言葉。

そんな名言を銘打った格闘道イベントが、鹿児島アリーナで開催されます。

このイベントは、格闘技の大会ではありません。

子どもたちが、イベントの運営を手伝う企画などを通して、「勇気」と「感謝」の気持ちを知り、この厳しい社会の中で生きていくための「強い心」を育むため。

その為に、鹿児島出身の総合格闘家・菊野克紀氏がクラウドファンディングで支援を募り、開催に至ったイベントです。

サブアリーナには、ミット打ちや受け身体験、格闘家が相手する本格的闘いごっこや大声コンテストなど、10 の格闘道体験ができる「勇気ゾーン」(無料)。

アリーナ前では、地元鹿児島の美味しいものが食べられる「笑顔ゾーン」があり、家族で 1 日中楽しみながら勇気と感謝を体感できます。

応援コメント

「敬天愛人」関連イベント

メインイベント

主催者の菊野克紀氏を含む、異種格闘家 8 人による体重無差別 One Day トーナメント。

全国からプロアマ問わず実力とキャラクターと想いを兼ね揃えた選手を選抜しています。

ルールも格闘技の常識とは違い、不公平全然 OK!

他の格闘技イベントとの違いは、主審が観客であるということ。

KO や一本などで決着がつかなかった場合は、以下のような基準で、観客が勝敗を決します。

  • どちらの選手に感動したか
  • カッコよかったか
  • 面白いと感じたか
  • 子どもに見せたいか

トーナメント出場選手

リザーブマッチ出場選手

  • 岩切 大地(伝統派空手)
  • ツチヤマン(レスリング・総合格闘技)
スペシャルワンマッチ出場選手

  • 四元 志桜里(硬式空手)
  • 塚原 凛(フルコンタクト空手)
  • ヨツエダ ヒデユキ(総合格闘技・プロレスファン)
  • 是石 恭兵(フルコンタクト空手・キックボクシング)
  • 重水 浩次(ブラジリアン柔術)
  • SEIYA(プロレス)
  • ロペス薩摩(キックボクシング)
  • 中村 太(護身流拳法・武影信館)
  • 北薗 翔太(キックボクシング)
  • 松岡 朋彦(フルコンタクト空手)
  • 薩摩 3373(ムエタイ)
  • 澤田 松胤(古流空手)

笑顔ゾーン

アリーナ前で、地元鹿児島の美味しいものが食べられます。

  • カレーのお店 8 点 9(牛すじ出汁のビーフカレー・とろっとろの黒豚軟骨カレー・牛すじ煮込み)
  • 薩摩ラーメンおこば(鹿児島ラーメン・まぜそば・抹茶ラーメン)
  • 炙り家島川(桜島鶏みそ焼き・黒豚しゃぶのさつま汁・焼きそば)
  • 梵天(牛タン串・マルチョウ鉄板焼き・黒豚蒸ししゃぶ)
  • ホルちか(黒豚とんとろ軟骨丼・おでん・ジャンボ豚バラ)
  • 魚からうろこ(菊野バーガー・吹上産月日貝バター焼き・白子ホイル焼き)
  • ぢゃんぼ餅平田屋(ぢゃんぼ餅)
  • 神バナナ
  • こしかの温泉(温泉水)
  • ひみつの花園(ジェラート)/li>
  • 三日月クリーム(三日月クリーム・シェイク)

勇気ゾーン

十の格闘道体験で勇気を学ぶ!

  • 空手道 型を学ぼう
  • 挑戦! 試割り
  • ミット打ち体験
  • 目隠しチャンバラ
  • 柔道基礎教室
  • e-コンバット交陣
  • アクション体験
  • たたかいごっこ
  • 大声コンテスト
  • ゆるキャラ相撲

その他イベント(かごしまキャラ相撲)

菊野克紀氏からの言葉

菊野克紀氏からの言葉
天に生かされている掛け替えのない自分自身を大切にし、それと同様に他人を大切にする。
これこそが良き日本人の在り方を示した「道」であると思います。
格闘道イベント「敬天愛人」は、子どもたちが人生を学ぶ道場です。
・相手を尊重して感謝する
・目的は勝利ではなく成長、対するは相手ではなく自分自身
・和を重んじ、弱きを助け、社会に貢献する
僕の生まれ故郷である鹿児島で、格闘道精神を鍛え、未来を生きる子どもたちの「勇気」と「感謝」の心を育み、彼らが新しい時代の日本を創造していく・・・
そんなイベントにすることを誓います。

コメント