【仙巌園】春の雅な時間をを感じる「薩摩のひなまつり」

お祭り

「薩摩のひなまつり」の日程・アクセスなど詳細情報

日時2/16(土)~ 4/25(木)
8:30 ~ 17:30
入場料大人・高校生以上:1,000円(御殿ガイドツアー付き:1,600円)
小・中学生:500円(御殿ガイドツアー付き:800円)
幼児:無料
場所仙巌園(鹿児島県鹿児島市吉野町 9700-1)
駐車場約 500台(1日 300円)
アクセス車:鹿児島中央駅から約 20分・桜島フェリー桟橋から約 10分
バス:カゴシマシティビュー・まち巡りバス「仙巌園前」バス停下車すぐ(鹿児島中央駅から約 30分)
休み年中無休
問い合わせ先TEL:099-247-1551(仙巌園 代表)
ホームページ薩摩のひなまつり – 仙巌園
同時開催尚古集成館 企画展「姫たちのあいしたものー島津家に伝わるひな道具と人形展示ー」
地図

「薩摩のひなまつり」とは?

期間中、仙巌園では「薩摩糸びな手づくり教室」や「流しびな」など、ひな祭りに関する様々なイベントが開催されます。

尚古集成館では、島津家に伝来するひな人形や、ひな道具 99種 407点を展示します。

また、春の仙巌園は、梅や桜が美しい季節。

2月上旬 ~ 4月上旬にかけて、カンヒザクラ・ガンタンザクラなど、約 150本の桜が次々と咲き誇り、仙巌園が春一色に染まります。

美しい春の大名庭園で、雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

薩摩糸びな手づくり教室

鹿児島の伝統工芸品である「薩摩糸びな」

江戸時代初期が始まりといわれる、鹿児島にしかない素朴なひな人形です。

鹿児島で唯一の薩摩糸びな作家・新山先生の指導のもと、オリジナルの薩摩糸びな制作を体験できる教室。

開催日2/16(日)
時間13:00 ~ 15:00
料金2,000円(入場料別)
定員先着 30名
その他※ 要事前予約

流しびな

源氏物語にも登場する「流しびな」

災いを人形(ひとがた)にうつして川や海に流す女性限定の伝統行事です。

仙巌園では、園内にある曲水の庭の清流に身代わりびなを流し、一年の幸せを願います。

初節句に参加される方も多く、大切な子供さんの思い出作りにいかがでしょうか?

開催日3/2(土)
時間10:30 ~ 12:00
料金2,500円(入場料別)
定員女性限定 60名
その他※ 要事前予約

曲水の宴

曲水の宴とは、上流から流した酒盃が前を通り過ぎないうちに和歌を作り、盃を取り上げて酒をいただく風流な春の宴です。

仙巌園の曲水の宴では、大名庭園にふさわしく、参宴者は武家の礼装でのぞみます。

今年は、「島津義弘公没後 400年」をテーマに縁の深い方々をお招きし、宴を行います。

開催日4/7(日)
時間13:30 ~ 14:30
料金入場料のみ

コメント